9月末までサマーキャンペーン実施中!!

ネクセアズの特色

ネクセアズの特色

「国内初」エアラインパイロットが設立したドローンスクール

 NEXAIRS DRONE ACADEMYは、国内初のエアラインパイロットが設立した本格的なドローンスクールです。空中・水中ドローンの操縦ライセンスからプログラミング体験まで、ドローンに関する幅広い知識を習得することが出来ます。

 現役エアラインパイロット監修の技術を学ぶことが出来る為、基礎技術の高いドローン操縦者になれる、ということが当アカデミーの最も大きな特徴の一つです。

 また、水中ドローンのスクールは都内で2校目であり、校舎は都心からほど近い「市ヶ谷」に位置し、アクセス抜群のロケーションであることも魅力です。

 なお、修了後は各団体の発行するライセンスを取得でき、学んだことを資格として形に残せる実用的な内容となっています。

航空業界標準のドローン操縦者へ

 ドローンの操縦と聞くと、狭い通路を通ったり、スピードを落とさずに目的の場所へ動かしたり、といった技術的な部分「テクニカルスキル」を想像する方もいると思います。もちろん、テクニカルスキルは安全飛行につながる大切なスキルです。

 ただ、実務で重要になるのはこのテクニカルスキルに加えて「エラーを防ぐ、チームで協力する、コミュニケーションを円滑にする」といった所謂「ノンテクニカルスキル」の部分です。

 当アカデミーでは操縦技術(テクニカルスキル)のみではなく、このような実践で大切な要素となるノンテクニカルスキルを身につけて頂く為、「CRM(クルーリソースマネジメント)」という、航空機のパイロットが実務で利用している安全管理スキルをカリキュラムに導入しています。

 ドローンなど無人航空機による事故も年々増加しています。航空法の改正に伴いドローンの飛行可能区域が大幅に広がることから、ドローン関連人材の育成においてもCRMを有効活用することで、事故防止に貢献できると期待されています。

教育活動への貢献

 航空機の操縦は、無数にある選択肢の中から常にベストと思われる選択をします。この選択の繰り返しの中で、如何にミスを減らし事故に繋がらない事が求められます。

 そして、その際に活用されるのがCRMスキルなのです。その為、CRMは「正確な判断力を身に着けられる」「自分の意見がハッキリと言えるようになる」といった人間的成長の機会を創出できるとして、社会人の研修や子どもの知育・教育の側面でも注目を浴びています。

 当アカデミーは実社会で活用出来る一生もののスキルを現役パイロットから学べる、全国でも貴重なアカデミーとなっています。

代表挨拶

 2022年12月、操縦免許の国家資格化・人口密集地域上空での飛行解禁などの法改正が行われ、ドローンは大きな変革の時期を迎えます。ドローンは趣味飛行や空撮等で普及を遂げてきましたが、近年は配送やインフラ点検といった事業・産業分野で急速に需要が広がりつつあり、それに伴い操縦に求められるスキルもより安全・正確性が求められるようになってきています。このような状況下、航空業界で活用されている安全管理スキルをドローンに役立てることは出来ないだろうかと思案し、2022年3月に当アカデミーは開校致しました。

 現役のエアラインパイロットが監修し、当アカデミーの中心にもなっているCRMスキルは、世界各国のエアラインで訓練が義務付けられ活用されている、言わばグローバルスタンダードな安全管理スキルと言えます。パイロットの仕事にミスは許されません。安全運航が当然の責務だからです。しかし、誰か一人がミスをしたとしても、それをチームでカバーでき安全に飛行させる能力が一人ひとりに必要になります。この能力こそがCRMスキルになります。今後はドローン操縦士においても、事業・産業分野に進出する以上は「ミスをおかしてもチームでカバーできなければならない」時代がすぐ近くに来ている、と考えています。例えば、趣味の範疇であれば運転のミスは大きな影響を与えないかもしれません。或いは、人の生活と直接的に関わらなければ、次回は気をつけようで済むかもしれません。しかし、人口密集地域上空で人の生活に関わるということは、たった1度のミスに大きなリスクや責任が伴う、ということです。だからこそ、既に航空業界で実績を持つCRMには大きな価値があるのです。

 ドローン操縦におけるCRMスキルの活用については、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が発行する次世代移動体技術誌「Technical Journal of Advanced Mobility」へ論文の発表を行うなど、産業全体に寄与出来るようアカデミーの垣根を越え実践・普及を進めています。ドローンが活用される分野は確実に広がってきており、操縦者に求められるスキルも多様化しています。どんな現場であっても柔軟且つ安全に業務を遂行出来る人材・関わる人々に信頼される人材を育成することが当アカデミーが社会で果たしていくべき重要な責任と捉えています。

NEXAIRS DRONE ACADEMY

代表 大原 大