9月末までサマーキャンペーン実施中!! JUIDA操縦技能証明 3日間 2名同時お申込の場合 143,000 円(税込)〜 詳しくはこちらをクリック!!

次世代モビリティ利活用のソリューションの提供と研究調査協力、パイロット派遣、リスクアセスメントのコンサルティングを行う「NEXAIRS DRONE SOLUTION」8月8日サービス開始

 NEXAIRS DRONE ACADEMYを運営する株式会社Five Star Group(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大原 大)は「Next generation Air Safety(次世代の空の安全)」への寄与を目標に、空中・水中ドローンおよび次世代モビリティを利活用したソリューションの提供と各種調査研究への協力、操縦・運航管理における人材派遣、リスクアセスメントに関するコンサルティング行う「NEXAIRS DRONE SOLUTION」を8月8日(月)に開始します。

 特に、今後ますます利活用が進むことが予想される「空飛ぶクルマ」等の開発においては、飛行高度や用途によって有人航空機と同等の操縦ライセンス(事業用操縦士や計器飛行証明、航空無線通信士など)が必要になります。しかし現状、様々な業種から参入した開発メーカーにおいて航空運送事業として適切な知識や技術を持った操縦者(パイロット)や運航管理者が圧倒的に不足する事態が指摘されています。

 ネクセアズ ドローン ソリューションには国内・海外の航空会社でフライト経験のある計器飛行証明を保持したパイロットが複数所属しているため、長距離飛行や高高度飛行を可能にしたeVTOL型モビリティ開発事業者向けにテストパイロットや運航管理者を派遣することが可能です。

 また、今後の次世代モビリティのフライトにおいて重要になるのは、操縦技術(テクニカルスキル)に加えて、安全に運航するために「エラーを防ぐ、チームで協力する、コミュニケーションを円滑にする」といった人的な要素、所謂「ノンテクニカルスキル」の部分です。目視外飛行での配送フライトや有人飛行、点検・調査など、チームでなければ飛行できない局面が増えてくるからです。

 弊社では、フライトで大切な要素となるノンテクニカルスキルを身につけて頂く為、有人航空機のパイロットが実践している安全管理スキル「CRM(クルー・リソース・マネジメント)」を習得できる専門コースを設置しています。エアラインパイロットの講師による講座で、企業の安全啓発活動の一環として役立てていただく事ができます。

 ドローンなど無人航空機による事故も年々増加しています。航空法の改正に伴いドローンの飛行可能区域が大幅に広がることから、ドローン関連人材の育成においてもCRM を有効活用することで、事故防止に貢献できると期待されています。

 各種調査研究への協力、操縦・運航管理における人材派遣、リスクアセスメントに関するコンサルティングのご依頼は「NEXAIRS DRONE SOLUTION」までお願い致します。

本件に関するお問合せ先:株式会社Five Star Group ネクセアズ事務局 03-6822-4649 メールはこちら

目次
閉じる